リクルートホールディングス サマーインターン。介護領域への挑戦。

自分のアイデアを、感覚をどこまで信じていいのか、本当に信じていいのか、それにチームを巻き込んでいいのか。ずっとひとり、これ絶対にいけるよ!と主張し、自己中心的な形で押し進めてしまいましたが、心の底ではずっとそんなことを考えていた5日間でした。


今回のインターンの課題は、チームでの新規事業立案。僕たちのチーム「チームになりたいチーム」では僕の祖父が介護を受けていたときに思ったことをもとに、介護領域におけるサービスを考案・発表し、結果として最優秀賞と、事業化検討賞をいただきました(それらの特典として海外研修/RECRUIT VENTURES出場権)。


個人的には、必ず1チームが表彰される最優秀賞よりは、審査員の方々のご判断によって出すか、出さないか決められる事業化検討賞をいただけたことが、何よりも嬉しかったです。実際にいただいた審査員の方々のコメントは、どれも嬉しいものばかりでした。


ずっとアイデアと妄想力だけが自分の取り柄だと思っていて。あ、でも意外とそんなことなかったんだな諦めよう、勘違いはやめようと思ったことがつい最近あって。でもなんとなく自分を信じてみたくて。そんななか迎えたはじめてのサマーインターンではさまざまな葛藤がありました。


この5日間に起きた出来事のなかで、自分自身で反省したいこと、しなきゃならないことは本当にたくさんあります。結果がでたからこそ、最終的に許された行為がたくさんありました。そんなことをしっかりと反省しつつも、この5日間一緒に試行錯誤をした、本当に粒ぞろいというより、粒違いなメンバーのみんなや、とても素敵なメンターさん、事務局の方々に感謝をしながら、また次のステップへと進んでいきたいと思います。


5日間、ほんっとうにありがとうございました!!


MET-next-代表

前田遼介(@maeta_r)

0コメント

  • 1000 / 1000