『「意識高い」が馬鹿にされる時代 』の終焉。

こんにちは。株式会社CA Young Labの前田(まえた)遼介です。先日、内定式を迎えました。


僕自身、大学時代は高校生のキャリア支援に尽力したり、選対に加えていただいたり、その他モロモロ、いわゆる「意識高い」日々を送っていました。周りにそんな人はほとんどいなかったので、よく馬鹿にされました。けっこう悲しかったです。


大学時代はみんな、友人たちに「意識が高い」とカテゴライズされることが怖い。そんな雰囲気が漂っていた気がします。長期インターンだとか、課外活動は特にしない。それが一般的な多くの人が乗っているレールでした。


だが、そんな時代ももう終焉へと向かっているのだと、内定式で感じました。「シリコンバレーで働いていました」「会社を経営していました」みたいな内定者はたくさんいたし(聞いてもみんな驚かない)、これまでの尺度で言えば、肩書きや経験は、みんな学生離れをしていたわけです。長期インターンやその他の機会は、僕たちが気がつかない間に、すっかり普及していて、いつの間にか「意識が高い活動」の対象から、学生生活のベースとなるものへと変化を遂げていました。


サイバーエージェント人事の大介さんのブログには、僕たち内定者がいまどうしているのか、以下のように書かれています。

すでにA井くんとK井くんが内定者の分際で新規子会社の取締役に就任。M田くんも新規の子会社の経営参謀として縦横無尽に活躍、宣伝部ですでに働き始めているI川くんは「近年稀に見るくらい優秀」と評価され、その他にも事業立ち上げ準備中にI垣くん、◯ッケくんなど、多数の事業家人材をすでに多く生み出していますし、営業系ではすでに数千万円の受注をしているやつもチラホラ出始める始末。 


弊社でさえ、こうなのだから、こういった現象は他社でも起きているのだろうと思います。別に何かしていたから良いとか、全員にそうなって欲しいとか、そういうくだらない話ではありません。ただ、「意識高い」の認識のされ方と、採用される人材の質が少しずつ変化してきたように感じます。これまでこじれていた「意識高い」という言葉の意味が、少しずつまっすぐになっていくような内定式でした。


前田遼介【@maeta_r

0コメント

  • 1000 / 1000