勉強からの脱却。成果への執念。

こんにちは。CA17内定者の前田遼介です。
内定者バイトをスタートしてから1ヶ月が過ぎ、担当人事との月1面談をしてきました。毎月の振り返りと目標設定をするのですが、今月の目標は「勉強からの脱却。成果への執念。」としました。


気がつけば「勉強させていただきます」が口癖になっていました。
原因は今年の夏に口ばかりで、何もできない自分に気がつき、自分のスタンスを修正したことにあります。俺は悲しいくらいに何もできないんだ。だから、ひとつひとつ修行を積んでいくしかないんだと。


何もできない自分に気がついたからこそ、誰かとの会話のなかで「勉強させていただきます」という言葉を使う機会が増えました。できないやつが、できると思っているような発言をするのはみっともない、そう思っていたからです。いま考えると、お前は何を言っているんだとブン殴りたくなりますが。これがリアルです。


そんな時に飯塚さんに「勉強させていただきますという発言、本当に辞めた方がいいよ。成果にコミットしないと。」とご指摘をいただきました。

▲その日の夜、755でいただいたコメント


もちろん自分自身、成果を出したいとは日々思っていましたが、勉強させていただきますという言葉とその根幹にあるスタンスによって影響されているものは多分にありました。こんな使えない自分とはもうおさらばです。


勉強からの脱却。成果への執念。


今月はこの言葉を深く心に刻みながら、やっていきたいと思います。初歩の初歩ですが、これが現実なので仕方がありません。大事なのはしっかりと受け止め、これから先、自分がどうしていくかです。


サイバーエージェントの応援文化には、いつも心の底から励まされます。新しいチャレンジも始まりました。成果に徹底的にこだわって、頑張ります。





0コメント

  • 1000 / 1000